読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好き勝手に・げーあにん?

ファミコンと同い年の社会人ヌルオタの日記

買ったもの

アイマス2での設定リセットを印象づけるようなトークからの新曲『START!!』。アイマスは春香が出てこないと始まらない!!

設定リセットで、春香の没個性っぷりが帰ってきた!!!(?)

設定はリセットされても、中の人達の積み重ねはあるわけで、『START!!』も、新録されたと思われる『太陽のジェラシー』も、relations わっほい以降の春香を感じられてよいよい。

春香メインに響と美希だとツッコミ不在すぎる。意外とツッコミに回ることも多くなっていた響も、設定リセットで初期のアホの子に戻ってしまっている! 誰かツッコミして!!


初っ端からバリバリのダンス曲『TRIAL DANCE』からの開始。アイマススタッフは、次のライブでもぬーぬーに本気ダンスをさせる気満々である。

響はダンス特化かと思いきや、ダンス(TRIAL DANCE)、ボーカル(涙そうそう)、ビジュアル(MEGARE!)と実は非常にバランスの取れたキャラだよなー。というか、元961メンバーはみんな基本能力高そうなイメージある。トークでは完全にアホの子だけどw

響メインに美希と春香だと、さすがにふたりの世間ずれっぷりに春香さんがツッコミ。


「最近マジメにアイドルしてるの 昼寝は1日5回だし」(by.団結2010)で変わったんだか変わってないんだかよく分かっていなかった美希。少しは真面目になって……る? 相変わらず寝てるけど。いや、寝っぱなしだけど。

しかし、プロデューサーが付く前からカッコいい曲と、真面目な曲があるんだから、ずいぶん進歩してるよなー。きっかけがなんだったのかとかゲームやればわかったりするんだろうか。美希は毎回なにかやらかすから楽しみのような心配のような。このハラハラ感も含めて美希の魅力だよなー。


美希がメインだと、さすがの春香と響で総ツッコミ。3人の組み合わせだけじゃなく、立ち位置が変わるだけでも、キャラの印象が変わる。これがアイマスキャラの良いところだよなー。アイマスの可能性の広さを改めて実感し、わくわくが止まらないと同時に、一体、アイマス2ではどこまで本気でユニットらしいコミュを入れてくるのか期待していんだか悪いんだか。


ゲーマガ 2010年 12月号 [雑誌]

ゲーマガ 2010年 12月号 [雑誌]

もちろん、アイマス2プレイ映像目当てで。何気に押さえておきたい情報や、名言が飛び出していて見逃せないDVDになっている。

  • 加藤D → 「カーディ」か「ペ」 → かでぃっぺ
  • 思い出アピールを1人アピール、2人アピール、3人アピールと使い分けた3発使用
    • バーストゲージが半端なく溜まる
    • 開発内通称『思い出ドライブ』
  • 女性プロデューサーを「プロデュンヌ」と呼ぼうってココ(ぬー&先生)で決めた

中村先生のあだ名をつける流れに持っていくのは流石です……。でも、ゴミはゴミ箱にね!!!


ONE PIECE GREEN SECRET PIECES (ジャンプコミックス)

ONE PIECE GREEN SECRET PIECES (ジャンプコミックス)

扉絵劇場が全収録されると聞いて! 毎週読んではいるものの、読み飛ばしてしまっていたり、先週の内容を忘れていて意味わかってなかったやつとかあるなぁ。


I Can Fly

I Can Fly

狼と香辛料 5 (電撃コミックス)

狼と香辛料 5 (電撃コミックス)

先週買うはずだったが、なんだかんだで今週になってしまったものたち。

アッキーは、ホントにいろんな曲、いろんな歌が聞けて楽しいなー。カッコよくて、美しくて、カワイイ。

マンガ版の狼と香辛料。相変わらず、非常に丁寧に丁寧に描かれてるよなー。おかげで、やっと原作2巻の終盤に入った辺りと、なかなか進まないけどw