読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好き勝手に・げーあにん?

ファミコンと同い年の社会人ヌルオタの日記

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブル』やってた

雑文 ラノベ アニメ

買ったものに書いてたら、微妙に長くなっていたので分離。

6人分+αのルートに1回は自力でいった後、ネットに頼って全シーン見るまでやった。

特典の本のあとがきにも書いてあるけど、どのキャラもラストで行くところまで行ってしまっているのが印象的。原作未完結のラノベのゲーム化でこれやってしまって、本編は大丈夫なのかちょっと不安になるw


ネタバレを極力避けたいけど、ちょっと無理だった。やった人にしかわからない感想になってても気にしない。


あやせ編、加奈子編は、原作の伏見先生が書いているというだけあって、完全に原作の短・中編って感じだったなぁ。そのネタとかゲームで使っちゃうの?!みたいな。

「ゲームで使っちゃうの?!」と言えば、黒猫編での、CV花澤さんがもう一役やってる辺りとかも温存しなくて大丈夫なのかと。あれは声が入ってた方がより面白いだろうしGJだけどもっ! 黒猫は原作が非常にいいところで終わってるのも相まって、原作次巻の期待が高まっている。次巻いつだ!

麻奈美編。びっくりするぐらいのスタンダードな幼馴染みルート。いやはや、普通こうなるよなぁ。麻奈美編での桐乃がまたカッコイイんだよな。惚れ直す。で、スタンダードな幼馴染みルートかと思いきや、あの変なルートね。なんなんだあれはw 麻奈美はともかく、○○○とコンビとかありえんw

沙織編。ゲーム的な意味では沙織が一番楽しかった気がする。「本当に大切なもの」の分岐での使い方での分岐具合とか。

旅館からのアレとかは、某サウンドノベルのオマージュってことでいいのかな?w さすがに自力で探索したりしないのは残念だったような、ちょっと安心したような。

桐乃編。特定の条件を満たした後の、桐乃の最後2つの if ストーリーも良かったなぁ。特にラストはシチュエーション的にも終始ニヤニヤしながらやっていた。そうそう、これが私が俺妹に求めてる感じなんだよ! ゲーム的にはかなりストレスあったけどね!(ネタバレなので詳しくは自重)

ゲームシステム的にも、コンシュマーギャルゲーでは手抜きになりがちな、セーブロード周りや、バックログからのロードにもバッチリ対応してて、シーンや分岐の全回収のストレスも最低限な感じで良かった。まぁ、私はシナリオを読むことが目的でやってたので、それでもかなりストレスあったけどね……2ショット会話とか、1回目は弾幕で間違いを確認して、バックログで2ショット前に戻って全正解にするだけの単純作業だし。

脱衣ブロック崩しはひたすら懐かしかった(笑)。