読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好き勝手に・げーあにん?

ファミコンと同い年の社会人ヌルオタの日記

『ANOHANA FES.』行ってきた

いろいろとすごいイベントだった。軽めに(?)感想だけ。

会場

秩父ミューズパークってすごいとこにあるなw 山の中でした。ステージと駐車場を離れるとケータイ圏外ってどういうことなの?w

一番心配していた、駅と会場の間の移動も、シャトルバスがかなりの本数が用意されていて、まったく問題なく。それよりも、帰りの西武秩父線が凄い混雑具合で、すれ違う電車に乗っている人たち*1に、注目されっぱなしだった(笑)

会場と言うか、参加者。やたらとカップル客が多かったのは気のせいなんですかね……他の男女ファン比がそこまで偏っていないイベントでも、こんなに男女の二人組が多いイベントなんて記憶が無いぞ……。ちょうど自分の席の隣がそうだったせいかなーとか、思って周りを見渡しても、結構目に付く感じでいたんだよなこれが……。

キャストが選ぶ名場面的なコーナー

BD&DVDでのキャストコメンタリーではお馴染みの、近藤さんの「いい芝居」発言が早々に飛び出すなど、キャストコメンタリーの濃縮版みたいな感じで。

視聴者側も納得の場面では共感し、キャスト陣ならではの印象に残ったエピソードなどなどが聞けて楽しかった。と同時に、今後のキャラコメ用のネタを取っておかなくていいのかと無駄な心配をしてみたりみなかったり。

戸松さんはあなるとシンクロ率が高さを思わせるシーンが多かったり、櫻井さんはちょっとした面白ポイントだったり、早見さんは感想が他の人とちょっとずれたところにあったりと、個性が出てたのも印象的。

めんま、そこにいるのか

茅野さん(めんま)のジェスチャーを、入野さん(めんまが見えるのはじんたんだけ!)が再現して、他の4人が当てるというコーナー。伝言的要素ありのジェスチャーゲーム。

ひたすら茅野さんのかわいい動きを眺め続けられる、ほのぼのコーナーであった。入野さんがジェスチャーを改変して面白い事になったりもしていた。

正解者には、茅野さん手作りの蒸しパンをプレゼント、という趣向だったんだけど、「蒸しパンつくったんだ?」という問いに、いちいちどもる茅野さんの可愛いのなんのって。どうやら茅野さん自身で作ってはいないらしいw そこは進行上、嘘でも乗っかっていいんだよ? 嘘のつけないかやのん可愛すぎでキュンキュンしていた。

ライブ

このイベントの日までよくしらなかったんだけど、Galileo Galileiの面々って若いんな! 最年少のドラムの人、18歳かー。そのドラマーさん、物販で売っていた『西へ東へ』Tシャツを来ての登場で、会場ざわざわw じんたんがOPアニメで着ているTシャツで、OP曲の生バンドで胸熱。

劇伴&テーマ曲(?)担当のREMEDIOSさんも生演奏。この方々の事は軽く調べてもよくわからんな……劇伴作曲&演奏チーム? 劇中の映像と共に、劇伴曲の生演奏。途中からの演奏メンバー登場での音の厚みを増していく感じや、麗美さんのステージを動き回りのながらのボーカルやったり、キーボードをやったりと、魅せる演奏も印象的。映像との相乗効果で、会場のあちらこちらからすすり泣きが。

最終話Bパート上映&書きおろし生アテレコ『めんまへの手紙』

正直に言うと、私はあの花最終話でちょっと冷めてしまった側の人間だったんですよ。もうこればっかりは趣向の問題なんで何が悪かったとかいうつもりは全くないんですが。

と、そんな私だったんですが、最終話の後日談として書かれたであろう『めんまへの手紙』で、ようやく私の中でのあの花がすっきりと最終回を迎えたんだなと実感できました。本当にありがとうございました。それぞれのキャラらしい、めんまから手紙の返事とかもうね……本当にこのイベントにいけて良かった。

ライブ『secret base 〜君がくれたもの〜

そして、そのままの流れで、3人娘による生歌へ。衣装はCDのジャケ絵を連想させるような白いワンピース。

1番Bメロ終わりでのハモリ部分の入りで、歌い手の緊張感が伝わってくるようでピリピリきた。そしてキレイな旋律を奏でたあとのサビで鳥肌。全神経を集中して聞き入った。2番以降はもう安心して振り付けのキレイさや、歌の優しさや想いを堪能するなど。やっぱり生歌は良い! 最高だった。

終演。そして

ライブパートも含めた出演者全員が登壇して挨拶して、出演者退場。

と同時に退場ダッシュを決める観客続出。バスの混雑と、電車の時間を気にしていた人が多かった模様? 明らかにアンコールが用意されてそうな状態*2で、まさかの終了になんじゃないかとヒヤヒヤしたw

なんとか始まったアンコールから、出演者が出てくるまでがまた早かったw 焦っただろうなーあれは。

退場しかけていた人たちが戻る間、自席から微動だにしていなかった私は、存分に中の人達の焦りっぷりを堪能させていただきました。ハルカスは本当にかわいいなー。

アンコール

出演者も参加者も含めての secret base 大合唱。そして花火! それもかなりの発数!! 都市部ではとてもできないであろう。いや、都市から離れていようともそうそうできそうないまさかの演出でした。本当にちゃんとアンコールできて良かったなぁ。

個人的には、まともに花火を見たのがもう何年ぶりかわからないぐらいでして、すっかり花火に見入ってしまって、花火を見ていたキャスト陣の姿をほとんど見ていなかったのが、唯一の心残りだったりして(苦笑)。

10年後に、また秩父でイベントがあったりしたら素敵だなぁとか思いつつ。さすがに高望みしすぎかな(チラッチラッ

*1:単線なので駅で入れ違う度にねw

*2:BGM流れっぱなし&終了のアナウンス無し