読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好き勝手に・げーあにん?

ファミコンと同い年の社会人ヌルオタの日記

読書メーター2月分まとめ

毎年恒例の電撃文庫大賞月間である。その月のうちに読み切れないのも毎年恒例である。

2013年2月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2475ページ
ナイス数:17ナイス

とある飛空士への誓約 2 (ガガガ文庫)とある飛空士への誓約 2 (ガガガ文庫)感想
思い出したかのように発揮されたミオの幼馴染ヒロインオーラたるや。そうなっちゃうのかー。
読了日:2月28日 著者:犬村 小六
エキスパートObjective-Cプログラミング −iOS/OS Xのメモリ管理とマルチスレッド−エキスパートObjective-Cプログラミング −iOS/OS Xのメモリ管理とマルチスレッド−感想
積本になってしまっていたのだが、循環参照をやらかしたり、GCDを使う機会があったので読んだ。読んだのは達人出版の電子版のほう。
読了日:2月27日 著者:坂本 一樹
人類は衰退しました 8 (ガガガ文庫)人類は衰退しました 8 (ガガガ文庫)感想
妖精さん分が少なくても面白かった。衰退してても救援物資が過剰に集まるのは、なんかこう……アリそうだなぁと。雪国とかじゃなくて良かったね……。復興、仮想現実、出産が最後にキレイにまとまっていくのも読んでいて清々しかった。射さt……射救も含めて。ウマドンナのコミック版はノーチェックだったので買ってみようと思います。
読了日:2月23日 著者:田中 ロミオ
アリス・リローデッド ハロー、ミスター・マグナム (電撃文庫)アリス・リローデッド ハロー、ミスター・マグナム (電撃文庫)感想
押し寄せてくるようなテンポの良さでぎっしり詰め込まれている印象。他のラノベなら3巻分ぐらいかけるんじゃないか?w あまりにもテンポが良すぎて舞台での小芝居を見ているような感覚になったりもした。
読了日:2月21日 著者:茜屋まつり
はたらく魔王さま!  7 (電撃文庫)はたらく魔王さま! 7 (電撃文庫)
読了日:2月16日 著者:和ヶ原聡司
楽聖少女3 (電撃文庫)楽聖少女3 (電撃文庫)感想
帯の煽りで『悪魔 vs 闘魂』なんて書いてあるものだから、どんな爆笑破壊物語になるかと思ったら、いい意味で期待を裏切られた。なんと!あのハイドン師匠が!この巻では家しか壊してない?!! 師弟の絆あり、友情ありで、とても良かった。ユキとルゥの絆はどれなんだろうとかはひとまずは置いといて。
読了日:2月16日 著者:杉井光
ロウきゅーぶ! (12) (電撃文庫)ロウきゅーぶ! (12) (電撃文庫)感想
すばるん、ついにパンツ完済! そして新たに大切な物を奪って行きました。それはあなたの心です。まさかそんなところまでフラグを立てるとは。 前巻から強敵の位置づけの割りには、(精神的に)小物だと思っていたので、これでようやく強敵らしくなったかなというところで次巻に期待。天という概念をも超越したひなたちゃんのさらなる進化は期待するまでもなく約束されているけど。
読了日:2月13日 著者:蒼山サグ
おジャ魔女どれみ16 TURNING POINT (講談社ラノベ文庫)おジャ魔女どれみ16 TURNING POINT (講談社ラノベ文庫)
読了日:2月9日 著者:栗山 緑

読書メーター

読書メーターの方に感想書いちゃうと、まとめの時に書くこと無いのよね。って、これ前も言ったな。

どれみはみんな人間ができすぎてませんかね? まだ高校1年生でこれとは恐れ入ってしまうわ……

魔王さま。本編ではマジで天使になりつつあるちーちゃんの、バイトを始めるきっかけの話。いやはや、まっすぐ育ったいいお子さんやなぁ。ああいう疑問を持ってから、それを晴らすために実際に動くのってだいぶ壁があるよね。これは天使にもなるわ。

と、読んでいないとまったく意味がわからないであろう感想を立て続けに書いてみたりして。

あ。ウマドンナのマンガ版、まだ買ってないや。