読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好き勝手に・げーあにん?

ファミコンと同い年の社会人ヌルオタの日記

買ったもの

それは僕たちの奇跡【DVD同梱】

それは僕たちの奇跡【DVD同梱】

なんでこの曲、こんなに泣けるの?!

穂乃香ちゃんのスーパーポジティブ鋼メンタルを心の底から尊敬しているのも相まって、歌い出しでもう泣いちゃう。一度折れてより強くなった穂乃果ちゃんのメンタルは一体どんな奇跡を起こすのか。ラブライブ2期が楽しみになりすぎるOP曲である。


去年9月のライブが映像化。トロッコにのってる時間が長すぎるんだよなぁ。たぶん、忙しくて練習時間が取れなかったりすることをカバーするためなんだろうけど、今後のライブがこんな感じになってしまっていったら寂しいなぁ。などと、このライブがあった当時は思っていた。2月の武道館でその不安は完全に払拭されたけども。2月の武道館は本当に素晴らしかった。映像化はよう。

そんなわけで、このライブ映像はソロで画面に映ってることが多く、今ひとつスフィアのライブを見てる感が薄い。衣装が脇出しのオンパレードすぎて、脇しか見てないなんて事になりかねない。トロッコに乗ってると脚が見えづらい分、余計に脇ばかり見てしまう。いやこれはこれでいいんだけど!そうじゃなくて!

そういや、寸劇部分はまた入ってないんだな。2枚組になるなら入ってて欲しいかなぁ。ドラマを削って1枚に収まるならそっちのほうがディスク入れ替えをせずに済んで楽で良いのだが。


RO-KYU-BU! / LIVE 2013 -FINAL GAME- [Blu-ray]

RO-KYU-BU! / LIVE 2013 -FINAL GAME- [Blu-ray]

去年9月のライブが映像化。去年9月ってスフィア2daysとRO-KYU-BU!!があったんだなぁ。幸せ月間すぎた。

すっごい今更ながら、やっと理解したんだけど、小倉唯さんかわいいですね。え、みんな知ってた? そうですか。なんかね。いい感じに育ってきた感ある(当社基準)。

6年生もいいけど、5年生チームの曲も素晴らしいよね。5年生チームの声優が発表されたステージの時は、これでもかというぐらい緊張しきっていた久野さんもこんなに立派になって……。と思ったらOFFSHOT映像では借りてきた猫のようでなんか和んだ。

SSAで生バンドって、そんなに有り難みを感じなくてちょっと勿体無いなとか思ってたんだけど、映像化されるとやっぱりバンドっていいなと思えて良い。


ライブツアーが明日スタート! 楽しみ!! 寿さんは疾走感がある曲が本当に似合う。


劇場版テーマ曲と、既存曲の早見さんメインボーカルバージョンがメインな感じの blue drops のアルバム。吉田さんメインバージョンは、すでに発売が決定している吉田仁美さん個人名義のアルバムに入るんだろうか。そっちはソロバージョンが入るのか?

私が、女性デュオ曲のキャラソンとかテーマ曲とかもっと増えろ!と思うようになったのは、blue drops の『ハートの確率』を聞いてからだと思っていて、私の趣向をひとつ形成した偉大なユニットだと思っていたりする。


SUPERNAL LIBERTY

SUPERNAL LIBERTY

うまく表現できないんだけど*1なんというか。矢吹さんの曲があると凄いほっとする。曲を聞いただけで、これ矢吹さんの曲だなとわかるほどの矢吹さん感。最近の攻め続ける楽曲たちに私は着いていけなくなってきたのかもしれない……。


創傷イノセンス

創傷イノセンス

シングルはよっぽどミュージックビデオが見たかったりしない限り、配信で買う方針にしていて、これも配信で買った。のだけども、MVがフルで見たい衝動に駆られてる。『買ったもの』という日記のタイトルなのに買ってないものの話しを書いてしまっている。買ったが最後、完全に真礼お姉さんに堕ちてしまうんじゃないかという予感と危機感がある。曲は買ってるよ?

声優のアーティストデビュー曲は、かっこいい曲で攻める風潮でもあるんだろうか。いや、好きですけどね。MVの色気とかわいらしさに当てられてしまってもうダメだってなりますけどね。あー。やっぱ買うか。いやしかし(長考)。


これ今までのシングルのMVも全部入ってるのか。集大成と呼ぶに相応しいアルバムであった。シングルの曲名が愛が重たい感じのタイトルが多いんだけど、アルバムでそれが全部入ってると、まぁ重い重い(笑)。


完結巻。最近、G'sマガジンを毎回読んでいて、この漫画の最後数ヶ月は本当に毎回毎回目頭が熱くて熱くてどうしようもなかった。アイマス漫画の中では、Pの立ち位置がかなり異色なところから始まって奇をてらっていくのかとおもいきや、終わってみればどのアイマス漫画より正統派だったようにも思える。いいコミカライズだった。

G'sマガジンがG'sコミックスと分離する前に終わってくれたことに、ちょっとホッとしたのはまた別の話し(苦笑)。


ぷちますは(かかさず見ていれば)週5回見ることになる分、脳裏に焼き付きやすよなー。しかも、ワンフレーズがぐるぐる脳内に回るようなフレーズを巧妙に仕込んでくるし。オハヨサンサンサン サンシャイン!


THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 026星輝子

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 026星輝子

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 027神谷奈緒

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 027神谷奈緒

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 028北条加蓮

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 028北条加蓮

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 029小早川紗枝

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 029小早川紗枝

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 030堀裕子

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 030堀裕子

ひとり別シリーズなんじゃないかと目を疑ってしまうジャケ絵があるけど、コピペミスとかではない。シンデレラガールズは毎回キャラが個性的で……。一体どんなぶっ飛んだキャラかと思ったら、意外とドラマパートはまともな娘だったよ?

和っぽい音を入れた曲って、今までのアイマス曲でもそういやほとんど無いよなー。REM@STERシリーズで盆踊りチックになってたりとかはしたけども。

30の『ミラクルテレパシー』のキャッチーさが凄い。最初聞いた時、MOSAIC.WAVの人が作ってんじゃないかとすら思った(褒めてます)。


THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 13 アイドルマスター ミリオンライブ!

THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 13 アイドルマスター ミリオンライブ!

ゲームの方をやってない私が買っても楽しめないCDシリーズだったなぁ。一気に複数人出てくるからキャラが誰が誰なんだが今ひとつ把握できないし、ドラマパートは毎回似たような展開で飽きるし。まぁ、ゲームの方をまったくやってないのに買ってる私がおかしいんだろうけど。曲も悪くはないんだけど、キャラ数が多いんだしもうちょっと冒険した曲が欲しかったなぁ。邪道がいるから正統派がより輝く的な。シンデレラの方がぶっ飛んだキャラにぶっ飛んだ曲が多いから、あえて外したのかもしれないけど。

*1:語彙がないのはいつもの事だけども