読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好き勝手に・げーあにん?

ファミコンと同い年の社会人ヌルオタの日記

読書メーター6月分まとめ

俺妹の原作最終巻のネタバレ感想があるので、アニメ組の人は気をつけてね。

2013年6月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1008ページ
ナイス数:21ナイス

Unity Shaders and Effects CookbookUnity Shaders and Effects Cookbook
読了日:6月29日 著者:Kenneth Lammers
ラブライブ! School idol diary ~園田海未~ラブライブ! School idol diary ~園田海未~感想
海未ちゃんが穂乃果の魅力を存分に語る本(大体あってるはず)。終始ニヤニヤしながら読めた。
読了日:6月29日 著者:公野櫻子
生徒会探偵キリカ4 (生徒会探偵キリカ (4))生徒会探偵キリカ4 (生徒会探偵キリカ (4))感想
相変わらず規模がめちゃくちゃな意外は普通に体育祭を改善する話しで、途中まですっかり『生徒会探偵キリカ』という話しだということを忘れて読んでた。今回はひかげお得意のカマかけからの詐欺というより相手の騙しの裏をかいた形のキレイな詐欺で、ひかげの自己嫌悪少なめだったのが物足りないような清々しいような。キリカって自分の武器(白く美しい四肢)を自覚して使える娘だったのか、というのに一番こうふn……驚きましたね。
読了日:6月10日 著者:杉井 光
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12) (電撃文庫)俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12) (電撃文庫)感想
狙っているヒロインに告白されるまで、他の娘に告白されては断っていく展開はギャルゲっぽさと最終巻らしさがあって、この話しにはぴったりだったかなーと。この展開は心底気持ち悪いなと思うけど、このタイトルの本としてはやることやりきってくれたんじゃないかなー。2人とも吹っ切れすぎててラスボスがただの雑魚キャラ化していたように感じたのが心残り。
読了日:6月7日 著者:伏見つかさ

読書メーター

俺妹完結。序盤はリアル妹持ちとしてもなかなか共感できる点もあったりで楽しめてたんだけど、桐乃がニセ彼氏を連れてきた辺りとかで、もう気持ち悪すぎてアレな感じだった。そのままどんどん気持ち悪い方向に突っ走って終わったなぁ。妹エンドで突っ走りきるのをやりたかったんだろうというのはわかるし、やりきった感は伝わってきたけども。なにはなくとも最後まであやせたんがラブリーエンジェルであり、読み進めていくモチベーションは保たれていたし、総じて楽しく読めてはいた。

先月、先々月から引き続き、本は読むよりもスキャンの方を頑張っている。ラノベは終わり。マンガはあと10冊弱! そして、100冊以上残っている技術書……。いつになったら終わることやら……。技術書はページ数が多いから大変なんだよな……。

嗚呼、実家に未だに置き去りのマンガ(たぶん150冊程度)もそろそろ持ってこなきゃなぁ……。